トップセールスマンの営業トーク

場設 定を作り上げていく


トップセールスマンの営業トークで、欠かせないポイントは、
まずは顧客の話に同調してか ら自分の意見を述べるという
「YES・BUT方式」です。


例えば、こちらが話している最中に、相手に「でも」とか「いや」とか、
言葉を遮られて自分の話ば かりされたら、誰 でも不快な気分になりますよね。


ですから、トップセールスマンとして活躍している人は、
まずは顧客の話に「そうですね。」と同調してか ら、
「しかしですね・・・」と自分の営業トークを繰り広げて
相手を引き込んでいくのです。



相手の話をよく聞き、それから自分の話を聞いてもらえるよう
場設 定を作り上げていくのが、トップセールスマンの営業トークです。



要は、トップセールスマンほど、聞き上手ということですね。



また、営業トークもだらだらと 長い時間をかけて一方的に語りかけるのではなく、ところどころに質問形式を取り入れ、自分にとって有利 な答えを顧客の口から
引 き出せるよう、誘導するのもトップセールスマンの会話術です。



どんなによい商品だったとしても、
説明が長すぎると聞き手も飽きてしまいますよね。



聞き上手で、かつ、一方的な話になら ないように
会話形式で相手の購買意欲をかきたてていく、
それが、トップセールスマンの営業トークです。







トップセールス育成メール講座




▲このページの先頭へ


手数料比較