営業の新人研修のやり方

研修で一番、学んでもらいたいこと


営業の新人研修のやり方ですが、
私の職場の場合を書いてみます。


およそ1か月の研修期間がありま す。


大まかにいうと、前半は、座学を行い、
自社の歴史や商品について、
営業という仕事についてレクチャーします。


後半は、実践に入り、営業所長や上司を
ク ライアントに見立ててロールプレイングを行います。



実際の営業活動のノウハウを学んだら、
上司や先輩に同行し、営業先で先輩が
どんな営業活動を行っている のか見せてもらいます。



営業実務を見て自分がどんな営業活動を
すればいいのかを頭の中でシュ ミレーションし、学びます。



1か月間学んで独り立ちした後も、 随時、
先輩にクライアント役をしてもらい、
シュミレーションを行って色んな営業マンの
先輩からアドバイスをもらいます。



しばらく一人で営業を廻り、正しく営業できているかを
上司に同行してもらい見てもらいます。



営業の新人に研修で一番、学んでもらいたいのは、
営業マンとしてお客様に言いた いことをきちんと 告げ、
お客様のニーズを引き出すこ とが出来るようになってもらうことです。



営業の新人研修のやり方は企業によって様々ですが、
営業の基本は、伝えたいこと を伝えてお客様の気持ちを
十分に引き出すというのは、どんな商品を売る営業マンにも
共通して覚えてもらいたいことです。







トップセールス育成メール講座




▲このページの先頭へ


手数料比較