名刺を工夫して営業する

一つの文章で話が弾む


ビジネスシーンで活躍するアイテムとして名刺があります。


営業をする際に、
名刺交換がお決まりの動作になりますが、
ただ単に名刺交換の儀式となら ないように
名刺を工夫して営業をしたいです。


そのためには、
持つ名刺に違いを持たせることができます。


普通の名刺というのは、会社名と
自分の名前と肩書きが入っているものです。


会社のモットーか何か が印刷されていて、
何の変哲もないものです。


この様な名刺は、
その人の所属を明らかにするのみで、
それ以外の効果は発揮しません。


営業で威力を発揮する名刺というのは、
一 つの文章で話が弾むものです。


例えば、出身地や出身校を入れてみるということです。



これらは、個人情報になりますが、もしかしたら
顧客がそこに目を落として、何か反応を示すことが
あるかもしれません。


共通の事柄があり、それによって話が弾み
場合によっては商談がうまくまとまるということもあります。



営業で役立つ名刺は、その他にも、
素材を工夫したり、デザインに一工夫をすることができます。


キャチコピーをうまく考えて刷 るという手もあります。



相手に役立つこと、困っているものを解決できる
何かが伝わるようなキャッチコピーがあるといいです。







トップセールス育成メール講座




▲このページの先頭へ


手数料比較